置き換えダイエットにおすすめの最新ダイエットドリンクランキング

野草酵素原液 越後の龍の特徴
  • 酵素エキスを厳選素材80種類配合
  • 酵素原液100%の混じりっ気なしの酵素ドリンク
  • 発酵パワーに乳酸菌・麹菌・酵母菌を使用
  • 添加物を一切使用せず精製糖も不使用しないこだわり
価格
9,720
評価
評価5
備考
まとめ買いで最大15%OFF
ジャンル
酵素ドリンク
内容量
710ml
カロリー
約40kcal
野草酵素原液 越後の龍の総評
知名度はまだ低い会社ですが、その実力とこだわりは本物と、お試しした方からも高評価の声が多い酵素ドリンクです。 酵素ドリンクの肝と言える、原料の発酵に伝統的な陶器カメを使用して長期発酵・熟成させて作り上げた酵素原液100%のドリンクです。 味わいも黒糖のような優しい甘さで、この甘さも精製糖を使用しないこだわりです。 身体に優しくしっかりと栄養面をサポートしながら食物酵素を摂ることができる置き換えダイエットでも活躍してくれる1本です。

MILMILMICHILUの特徴
  • 海外で話題になったビタミン豊富なレッドドラゴンフルーツを主原料にしたドリンク
  • 身体作りにも欠かせないBCAAがしっかり摂れる
  • 酵素エキスを180種類の野菜・果物・野草・海藻から抽出
  • 満腹感を高めてくれるサイリウムで挫折対策
  • プラセンタ・L-シスチン・アヤムラサキの3種の美容成分を配合
価格
5,980
評価
評価5
備考
定期コース初回980円
ジャンル
酵素ドリンク
内容量
720ml
カロリー
30ml・約61kcal
MILMILMICHILUの総評
熊田曜子さんも登場しておすすめしているドリンクです。 ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、鉄分、カリウム、マグネシウム、ポリフェノールなど充実した栄養を含んだドラゴンフルーツを中心に酵素エキスや美容成分など女性に嬉しい原料を贅沢に使用しています。 注目は空腹感対策にも嬉しいサイリウムを配合することで、置き換えダイエットで感じやすい物足りなさをしっかりフォローしています。 その実力は楽天ダイエット部門、@cosmeのカロリーサポートサプリメント部門で1位を獲得しており、SNSでも評判となっています。

優光泉(ゆうこうせん)の特徴
  • 本気で置き換えダイエットで成功したい方におすすめしたい酵素ドリンク
  • 断食のノウハウによるマクロビ理論に基づいている
  • 完全無添加で原料は九州産野菜にこだわった原液100%
  • 安心の返金保証付きでハーフボトルのセットで初めてでも失敗しづらい
価格
8,500
評価
評価5
備考
ハーフボトル2本セット7,992円
ジャンル
酵素ドリンク
内容量
500ml
カロリー
35ml・31.15kcal
優光泉(ゆうこうせん)の総評
本格的な置き換えダイエットを酵素ドリンクで行いたいと考える方にまず注目してほしい本格的な酵素ドリンクです。 余計な味付け、色付けを一切せずに、本当に身体が喜ぶ原料を採用して発酵させて作り上げています。 原料も九州野菜にこだわり、その他の原料も産地にこだわったものを使用しています。 元々が断食道場を運営している会社であるため、ノウハウに関しては他の酵素ドリンクとは一味もふた味も違い、安心して置き換えダイエットに取り組める点が管理人的におすすめです。 初めての方にはハーフボトル2本セットが用意されており、炭酸水も2本付いてきますので、知識が無くても同封されている冊子を見ながら、適量を炭酸水で割って飲むだけで身体にも負担がかからない置き換えダイエットに取り組めます。

ベルタ酵素の特徴
  • 出産後の体型を取り戻したいというママさんに人気の酵素ドリンク
  • 熱・酸に強いエンザミン酵素は低分子で身体に優しく吸収されやすい
  • 美容成分コラーゲンペプチド・馬プラセンタ配合
  • 美味しく飲みやすいピーチ味で低カロリー
  • 特典で酵素原料たっぷりの酵素サプリやチアシードプレゼント中
  • 業界最大数の酵素原料165種配合
価格
5,080
評価
評価5
備考
定期コースベルタ酵素2本、酵素サプリ付き10,200円
ジャンル
酵素ドリンク
内容量
360ml
カロリー
100ml254kcal※1日目安180〜360ml
ベルタ酵素の総評
初めての酵素ドリンクとして飲みやすく、内容も充実しているのがベルタ酵素です。 ベルタは妊娠にまつわるアイテムを販売している会社でもあり、この時期に関わる女性のサポートをテーマとしています。 そのため、ベルタ酵素も産後に体型が崩れた、産後ダイエットをしたいけど、育児で運動する時間も取れないといった方が難しいことを考えずに、身体に負担をかけずに一日の摂取カロリーを控えることができることをテーマとしています。 味わいもピーチ味で飲みやすく、気になるニオイなどもありません。酵素原料も業界トップクラスの165種類、さらに熱にも酸にも強いエンザミン酵素を採用することで、しっかりと働きながら低カロリーも実現しています。 サポートセンターでは出産経験・育児経験があるスタッフによる相談もできます。忙しく頑張るママさんにおすすめしたい本気な置き換えダイエット、ライトな置き換えダイエット両方に取り入れられるバランスが魅力の酵素ドリンクです。

翰慈堂ノニプラス酵素の特徴
  • 96種類の酵素原料とノニ酵素の二つの酵素でサポート
  • 伝統製法にこだわった製法で素材の良さを最大限に活かしている
  • まるごと漬けこんで発酵させることで栄養豊富な原料をしっかり閉じ込めている
  • 栄養満点なノニを飲みやすく仕上げた酵素ドリンク
価格
9,504
評価
評価5
備考
初回購入6,658円
翰慈堂ノニプラス酵素の総評
健康に良いけど、味のクセが強く、美味しくないという印象が強いノニを飲みやすく仕上げた酵素ドリンクです。黒糖風味のまろやかな味わいが特徴です。有機認証を受けたオーガニック栽培のノニを使用し、さらに酵素原料を96種類も配合、発酵には伝統的なカメで熟成させた酵素エキスをまるごと詰め込んだ本格的な酵素ドリンクです。

酵水素328選の特徴
  • 芸能人にも成功者が沢山!話題の酵素ドリンク
  • 業界トップクラスの酵素原料328種類から作られた酵素エキス配合
  • ビタミン・ミネラル・食物繊維たっぷりな野菜や果物を贅沢に摂る事ができる
  • 1杯30kcal、2種類の味わいから選べる
価格
4,740
評価
評価5
備考
2本セット8,900円(580円割引)
酵水素328選の総評
贅沢な酵素原料を使用して熟成させた酵素エキスをボトルに詰め込んでいます。普段食生活で不足しがちな野菜や果物など328種の原料を一気に摂ることができます。 置き換えダイエットでもしっかりと栄養面をサポートしてくれます。味わいが2種類あるので、好みによって選ぶことができます。

BIO Berry Fastの特徴
  • 日本ファスティングコンシェルジュ協会プロデュースの酵素ドリンク
  • 100%食物発酵原液の酵素ドリンク
  • 60種類以上の野菜・果物・野草を使用
  • 自然パワーが強い3種類のベリーを配合
  • 健康に嬉しいL-カルニチン・メチルスルフォニルメタン・マグネシウムをプラス
  • 美味しく続けられるベリー風味
  • 原料はすべて無農薬・低農薬
価格
6,480
評価
評価5
備考
3本セット19,440円
BIO Berry Fastの総評
ファスティングをしっかりとテーマにした酵素ドリンクです。 注目は日本ファスティングコンシェルジュ協会プロデュースの酵素ドリンクで、こだわりの100%食物発酵原液の酵素ドリンクです。 原料はすべて無農薬・低農薬、しかも天日干し栄養濃度を高めつつ、これらの作業を手作業で行っています。さらに抽出法も栄養成分を十分に引き出しボトルに詰め込んでいます。 健康に嬉しいL-カルニチン・メチルスルフォニルメタン・マグネシウムをプラス、味の決め手となるベリーにはビルベリー・ブルーベリー・ガンコウラン(クロウベリー)と天然ンのポリフェノールがタップリです。美味しく続けられてしかも健康的!置き換えダイエットを健康的に行いたい方におすすめしたい酵素ドリンクです。

桃の酵素水

おいしい酵素 桃の酵素水の特徴
  • 今までの酵素ドリンクのイメージを変える飲みやすさにこだわった味わい
  • 162種類の天然素材を濃縮配合
  • 食物繊維が豊富
価格
3,990
評価
評価5
備考
通常価格5,500円が数量限定価格 30%OFF
ジャンル
酵素ドリンク
内容量
720ml 約1カ月
カロリー
約40.32kcal
おいしい酵素 桃の酵素水の総評
おいしい酵素、桃の酵素水は162種類の天然酵素とエキスをたっぷり摂れておいしく飲みやすい人気の酵素ドリンクです。

桃の酵素水はおいしい酵素ドリンクとしてダイエット時の栄養補給と置き換えによるカロリーカットや美容や健康維持にも体の中からサポートできる酵素ドリンクと評価されています。

実際の口コミではジュースのような桃の味わいの酵素水はダイエットで無理をする必要がなくなったなどといった、気軽にダイエットもできて美容にも、とてもよいという評価を得ています。

桃の酵素水は味や見た目、量などバランスのとれた酵素液がたっぷりはいったドリンクで、味わいも女性に人気のピーチフレーバーで、毎日続けられる美味しいドリンクとして美味しくないイメージがある酵素ドリンクの印象が変わったという評価もあります。


また酵素以外の成分でも1000mgの食物繊維やオリゴ糖や各ビタミンクエン酸や162種類の酵素とエキスが配合しているので、健康志向な方の食事習慣のサポートにもおすすめです。
わがまま酵素ドリンクの特徴
  • 飲みにくさを解消した酵素ドリンク
  • 安心の国内生産の85種類の酵素配合
  • 味わいは飲みやすい桃のフレーバー
  • 1杯26kcalの低カロリー
  • 定期コース申し込みでサプリ付き特典
  • タレントのインリンオブジョイトイさん推薦
価格
9,600
評価
評価5
備考
通常13,960円が31%OFFの特別価格+2,138円相当のサプリ付き特典有
わがまま酵素ドリンクの総評
わがまま酵素ドリンクは置き換えダイエット時の栄養補給をサポートしながら、カロリーダウンを目指せるダイエットサポートアイテムでもあります。

わがまま酵素ドリンクは新鮮な酵素をたっぷり含んでおり、従来の酵素ドリンクとは違い風味が良く飲みやすいため苦にならずに続けやすいため口コミでも評価されています。
健康に良いとわかっていても味わいが苦手な風味では続けられないという悩みを解消する酵素ドリンクと評価されています。

芸能人も愛飲しているのも取り入れやすいポイントとしてあげる人もいます。

また、ヨーグルトなどと割って食べられるバリエーションの豊富さにも人気の理由があるようですね。
満足度も高い評価があります。

ただ、他の酵素ドリンクと比べて若干、価格が高くもう少し安かったらなという意見もあります。
そんな意見の中に多くのダイエット食品を買うよりは内容量も多くて、これ1本でダイエットが出来ると思えばコストはトータルで見ると高くないという意見もあります。

こうして口コミや評判では良さを実感した人の満足度の高さを見てみるとわがまま酵素ドリンクは飲みやすさや継続のしやすさはあるが、コストの面では他より少し高い部分もあるといえますね。
ですが、購入した人の感想では89%の人が置き換え時の空腹感を紛らわせることができたという感想もあることから置き換えダイエット商品としてはおすすめといえます。
置き楽美人の特徴
  • 味はほんのり甘い黒糖味
  • 自然風味で牛乳や豆乳、ヨーグルトとの相性抜群
  • 11種類の体に不可欠な栄養素と45種類の自然食品を配合
  • 食物繊維とコラーゲン配合で美容もサポート
  • 1杯39.4kcal
価格
3,980
評価
評価5
備考
お試し価格キャンペーン
ジャンル
酵素ドリンク
内容量
レギュラー1,200ml・ハーフボトル550ml
カロリー
約36kcal
置き楽美人の総評
置き楽美人にはサイリウムという植物由来の食物繊維とグルコマンナンというこんにゃくの成分が含まれていて飲んだ後、お腹の中で膨らむことで、満腹感を得やすいため、実際の体験者の口コミでも、満腹感があり置き換えをしてもそんなに辛くないという声がありました。

また、味の感想では飲み方もぬるま湯より、豆乳や牛乳のほうがおいしく飲みやすい評判がいいです。
どうしても満足出来ない時は市販の無糖ヨーグルトに混ぜるとかさが増えて満足出来たというアレンジをしている人もいるようです。
これは置き楽美人のカロリーが、39.4kcalと低カロリーなのがアレンジのしやすさに繋がっているかもしれませんね。

全体的には2週間から1か月の置き換えダイエットで体重をスムーズに減らせることが出来た人が多く、継続すればした分だけ、目標体重を達成できるという評価があります。

個人差はありますが、体験者の多くは良さを感じたという評価をしています。

注意点として挙げられているのが、置き楽美人と合わせるヨーグルトなどを糖分やカロリーの高いものにするとカロリーが多くなります。


ダイエット失敗した人の意見ではアレンジにはまって色々試しているうちにカロリーが高いもので摂るクセがついて結局、痩せられなかったという意見もありますので、置き楽美人と合わせるものは基本ノンカロリーやノンシュガーのヨーグルトと合わせるのが失敗しないポイントだといえます。

 

ダイエットドリンクリンクの特徴

ダイエットドリンクの基本は、

  • 食事との置き換えで摂取カロリーを減らす
  • ダイエット時に不足しがちな栄養を補う
  • 美容成分もプラス
  • 液体の形状を活かして豊富な成分・原料を配合できる
  • プチ断食・ファスティングに役立つ
  • 飲みやすさにも配慮していて美味しいダイエットドリンクが多い

というようなポイントがあります。

 

野菜ジュースなども不足しがちな栄養が摂れるので、置き換えに利用している方は多いですよね。ダイエットドリンクは栄養補助に加えて、身体の本来の働きに必要な栄養や成分を原料から厳選して配合することで、ダイエットをサポートしてくれます。

 

食事との置き換えで摂取カロリーを減らす

置き換えダイエットの基本である食事との置き換えでしっかりと一日の摂取カロリーを減らすことができます。

 

ダイエット時に不足しがちな栄養を補う

摂取カロリーを減らすために食事を我慢されている方は多いですが、その分毎日の健康に必要な栄養まで摂りきれず不足してしまうことがあります。
ダイエットドリンクには原料に含まれる野菜や果物、野草や根菜などなど、商品によっては100種類以上もの原料の栄養を閉じ込めています。

 

これによって不足しがちな栄養が補えるのが特徴です。

 

美容成分もプラス

女性向けとも言える面がダイエット時にもお肌の健康をサポートする成分を配合するなど美容面にも嬉しい内容が多いです。

 

美容も健康から始まるものですので、その点をしっかりとサポートしてくれるのは嬉しいポイントです。

 

液体の形状を活かして豊富な成分・原料を配合できる

ダイエットドリンクは液体の形状を活かしてタブレットタイプのサプリなどと比べて豊富に成分を配合することができるのが特徴です。

 

プチ断食・ファスティングに役立つ

プチ断食やファスティングといった近年話題の健康法の水分補給などにも取り入れられているのがダイエットドリンクです。
特に酵素ドリンクは週末のプチ断食をする時にしっかりと栄養面をサポートすることで口コミで広がったダイエットドリンクの人気アイテムとなっています。

 

飲みやすさにも配慮していて美味しいダイエットドリンクが多い

ダイエット食品を選ぶ上で外せないポイントが味です。まずいダイエット食品は続けるのが難しいです。ダイエットドリンクは味わいに関して飲みやすさに配慮したものが多く、フルーティーな味わいや自然な黒糖風味など、毎日飲んでも飽きずに続けやすい飲みやすさが特徴です。

 

ただし、お茶やコーヒーなど素材単体で味が決まっている飲料は好みが分かれるのでダイエットドリンク初心者の方の場合は商品選びを慎重に行う必要があるので注意しましょう。

 

ダイエットドリンクはどんな人におすすめ?

  • 本格的に痩せたい方
  • 忙しくて中々運動出来ない人
  • 準備が簡単でしっかりと置き換えによるカロリー減を目指したい人
  • 食生活が偏りがちで野菜や魚を食べる習慣が少ない
  • 年々運動不足が気になりダイエットをしても痩せづらいと感じる人
  • 男性の置き換えダイエット、ファスティングやプチ断食でも人気

ダイエットドリンクはそのまま飲むことができる商品の他に原液タイプがあり、何かと割って飲むタイプの2種類が基本です。
そのまま飲むタイプはお茶やコーヒーなどがあります。何かと割って飲むタイプは酵素ドリンクや青汁、コンブチャ、スムージーなどが主流です。

 

そのまま飲むタイプは味さえ好みであれば準備の手間いらずでサっと飲むことができるので習慣化しやすいものの、味に飽きてしまうと続かないという面もあります。対して何かと割って飲むタイプは多少の準備の手間はあるものの、合わせる飲料や食品によって味わいのバリエーションが付けやすい他、食感や食べ応えもコントロールすることができるので、ドリンクタイプで空腹が我慢できるか不安な人にも人気が高いです。

 

ダイエットシェイクとの違い

同じ飲料ということで、ダイエットドリンクとダイエットシェイクは似ている点は多いです。
例えば、

  • 野菜や果物などを原料にしている
  • 良質なタンパク質やビタミン・ミネラルが摂れる
  • 食物繊維が豊富

などが似ている点です。

 

では違いはと言うと、飲みごたえが違う点です。
これはダイエットシェイクはとろみを強くすることで飲みごたえがあり、満腹感を高めることも意識しています。
対してダイエットドリンクは飲料そのものですので、単体での飲みごたえという点で違います。

 

ダイエットドリンクには酵素ドリンクやダイエット茶、青汁、コーヒー、炭酸水、ミネラルウォーターなど置き換えに利用できるものの総称として呼ばれることもあります。ダイエットシェイクも飲料ですので、実はダイエットドリンクの大分類の中の一つという面もあります。

 

手軽さという面ではダイエットドリンクが勝っているため、忙しい方、忙しい朝の置き換えダイエットでも時間をかけずに行えます。

 

価格はどれくらい?

価格はダイエットドリンクの中でのジャンルによって違いがあります。
主なダイエットドリンクの価格帯としては

  • 酵素ドリンク:3,000円〜10,000円
  • ダイエット茶:500円〜5,000円
  • 青汁:1,000円〜3,000円

くらいが相場となっています。原料や製法にこだわると高額になる傾向にあり、発酵に長い時間をかけるなど製造に手間がかかる酵素ドリンクはダイエットドリンクの中で価格が高い傾向にあります。

 

ダイエットドリンクはデトックス習慣にも活用している人が多い

ダイエットドリンクの中で原料を発酵させて作る酵素ドリンクやコンブチャなどは腸内環境の健康を考える方にとっても有用な飲み物と言われています。
また、置き換えダイエットだけでなく、消化吸収がされやすいこともあり、プチ断食時の水分補給に取り入れる方も多いです。

 

プチ断食は不要なものを排出するために食事を断つという健康法です。実際にプチ断食をした経験からお話すると、腸内に溜まっていた宿便も出ますし、消化に使われていた胃腸を休めながら不要なものを排出することで、健康を目指せるというのが魅力です。このプチ断食時に酵素ドリンクを飲むことで栄養と水分補給をしながら健康的にデトックスを進めることができます。

 

漢方に使用される生薬の元となる植物などの原料が含まれるダイエットドリンクもあり、健康にも嬉しいです。

 

男性のダイエットでも好評

ダイエットドリンクは男性にも活用しやすいです。
準備が楽という点、そして1食や2食をダイエットドリンクと置き換えることで、しっかりと摂取カロリーを減らせる点で手軽ながら目標を目指せます。

 

ダイエットドリンクの中では、酵素ドリンクが人気で、おすすめとなっています。不足しがちな栄養も取りながらダイエットに取り組めます。

 

ダイエットドリンクに副作用はあるの?

まず、ダイエットドリンクは日本で正規に販売されている商品については健康食品という分類に含まれます。副作用は基本的に医薬品や漢方に用いられる言葉ですので、医薬品ではないダイエットドリンクには基本的に副作用というものはあてはまりません。

 

ただし、お茶やコーヒーなど原料に含まれる成分が影響して身体が反応することがあります。

 

例えばお茶やコーヒーには利尿作用があったり、カフェインが多く含まれます。これらは適量を飲む分には良いですが、飲みすぎることでトイレが近くなったり、カフェインによって眠れなくなったり、摂りすぎによる頭痛などを感じることがあると言われています。また、食物繊維を豊富に含んだダイエットドリンクなどは「摂りすぎることでお腹がゆるくなることがあります。」といった注意書きもあることがあります。

 

健康に良いといっても摂りすぎは良くありませんので、メーカーや販売元が定める飲み方を守りましょう。

 

置き換えダイエットドリンクは自分でも作れる!手作り方法

市販や通販などで販売されているダイエットドリンクを購入するだけでなく、置き換えダイエットで使用するドリンクは自宅で簡単に作ることもできます。
手作りダイエットドリンクのレシピも人気ですよね。

 

例えば、

  • 豆乳や牛乳に野菜ジュースを合わせたミックスジュース
  • 野菜や果物と牛乳や水をミキサーするグリーンスムージー

といったドリンクは簡単に作ることができます。

 

管理人的には野菜ジュースと豆乳は様々な手作りダイエットドリンクに活用できるのでおすすめです。
また、バナナをプラスするととろみも増してダイエットシェイクのような飲み口になりますので、ダイエットドリンクで空腹を感じるという方は満腹度を高めてくれるバナナと豆乳の手作りシェイクはお試ししてほしい1品です。

 

選ぶ材料によっては味や栄養バランスが良くなかったり、カロリーが高くなってしまう場合があるので、使用する食材のカロリーや摂れる栄養を把握しておくと、自作のダイエットドリンクも健康的な置き換えダイエットに活用できます。

 

ダイエットドリンクの正しい飲み方

ダイエットドリンクは種類によって飲み方が違います。

 

主なダイエットに活用できるいわゆるダイエットドリンクとして評価がある飲み物の飲み方やおすすめされている飲むタイミングがこちらです。

ドリンク 飲み方 飲むタイミング
ダイエット茶 ティーパックや煮出して飲む 食前・食後
紅茶 ティーパックや煮出して飲む 食前・食後・夜のリラックスタイム
酵素ドリンク 水割り・炭酸割り・牛乳割り・豆乳割り・フルーツジュース割り・野菜ジュース割り・ヨーグルトに混ぜる 朝・昼・夕の食事との置き換え
コンブチャ 水割り・お湯割り・炭酸割り・豆乳割り・牛乳割り 朝・昼・夕の食事との置き換え
青汁 水割り・お湯割り・炭酸割り・豆乳割り・牛乳割り・フルーツジュース割り・野菜ジュース割り 朝・昼の食事との置き換え
スムージー そのまま飲む※パウダータイプの場合は水・牛乳・豆乳など 朝・昼の食事との置き換え
チラコル 水割り・お湯割り・炭酸割り・豆乳割り・牛乳割り・フルーツジュース割り・野菜ジュース割り 食前・食間・朝や昼の置き換え
コーヒー そのまま飲む 食前・食間
フルーツビネガー 水割り・お湯割り・炭酸割り・豆乳割り・牛乳割り・サラダ・ヨーグルト 食事中・食前・食間

 

いつ飲むのがいい?

ダイエットドリンクを飲むタイミングが気になる方も少なくないですが、基本的には食事と置き換えるタイプはそのまま食事との置き換えで飲みます。
そして身体に必要な栄養や成分を補給して身体本来の働きをサポートしてくれるダイエットドリンクは食前・食後のどちらかが基本です。

 

ポイントはカフェインを含むコーヒーは寝る前に飲みすぎると眠れなくなるという場合もありますので、お休み直前には飲まない方が良いですね。
お茶は利尿作用を持つので、こちらも寝る前に飲んでしまうと夜中にトイレで目覚めてしまうので、気をつけたいですね。

 

管理人の実感としてはスムージー、青汁、コンブチャ、酵素ドリンクは朝目覚めてからの水分補給兼朝食との置き換えというように飲むと朝胃が空っぽになり、乾いた身体に浸みわたるように潤しながら栄養も届けてくれるのでおすすめのタイミングだと感じます。

 

朝から固形物を沢山食べると胃腸にも負担がかかる場合があるので、栄養たっぷりなダイエットドリンクで健康的に摂取カロリーを抑えるというのが置き換えダイエットの習慣付けのポイントでもあります。

 

置き換えダイエットでは何を飲むのがいい?

実際にダイエットドリンクを置き換えダイエットに取り入れる場合、結局何を飲めば良いの?と感じる方も多いです。

 

置き換えダイエット経験を元におすすめするなら、

  • 代謝アップを目指したい時:酵素ドリンク
  • 集中的なプチ断食:酵素ドリンク・コンブチャ
  • 空腹でイライラしたり集中力が落ちるという方:スムージー・チラコル
  • 栄養をしっかりと取りながら置き換えダイエットをする:酵素ドリンク・スムージー
  • 毎日のお通じがスッキリできない:スムージー
  • ダイエットと共に足のラインもキレイにしたい:スムージー

という印象があります。

 

酵素ドリンクは不足しがちな野菜や果物の食物酵素を吸収しやすく発酵によって分解した状態ですので、消化による負担が少ないため、消化酵素の消費も抑えられるといわれており、その分、代謝酵素が使える環境作りをサポートしてくれるとされています。

 

そのため、置き換えダイエットをしながら日々の生活の中での行動や運動によって消費されるカロリーをしっかりと増やしていくのに酵素ドリンクはおすすめなんですね。

 

プチ断食にもおすすめだと実感しています。

 

また、女性が感じやすいお通じのお悩みやパンパンな足が気になるという方の場合は野菜や果物に含まれる食物繊維、カリウムなど余分なものを排出する働きに関わる栄養が摂れるグリーンスムージーは嬉しいです。

 

もう少し満足感が欲しいという方、もしくは空腹感をなんとかしたいという方はスムージーやチラコルもおすすめです。

 

酵素ドリンクとスムージーは置き換えダイエットでは定番となっています。その分、種類も豊富ですので、好みの味わい、飲み口を選ぶことができるメリットもあります。

 

>> 置き換えダイエットに役立つグリーンスムージーはこちら

 

ダイエットドリンクで置き換えをする時の頻度のおすすめは?

置き換えダイエットでダイエットドリンクを使用するおすすめの頻度は1日1回が基本です。慣れている方でも1日2回を週末や食べ過ぎた時などに取り入れるというのがおすすめです。
各時間帯の食事では

  • 朝食の置き換え:一番置き換えダイエットを行いやすいタイミング
  • 昼食の置きかえ:あまりおすすめできないタイミング
  • 夕食の置き換え:1日2回の置き換えにする時の2回目におすすめ

というのが管理人の印象です。朝食を置き換えることで、前日の夕食から当日の昼食までの時間食べないことによるカロリーダウンと行動することによるカロリー消費の恩恵があります。また、午前中に食事を控えることで胃腸への負担も減らすことができます。

 

昼食の置き換えも悪くはありませんが、仕事をしているとやはりお腹も空いてしまいますし、朝食の置き換えと違い、朝食から夕食まで起きている時間が長いです。そのため空腹を感じやすいのと、空腹による間食、さらに夕食でのドカ食いに繋がってしまう可能性もあるので、昼食は栄養バランスと食べる量に気を使いながら食べるのが継続しやすいと感じます。

 

夕食の置き換えは慣れるまでは食事の楽しみも少なくなってしまいますので淋しいですが、慣れてくると夕食を置き換えることで一番カロリーをとりがちな時間帯の摂取カロリーを減らすことができるため、本格的に置き換えダイエットに取り組む方にはおすすめです。

 

また、夕食後は身体を動かすことが日中よりも少なくなるため、ダイエットドリンクで置き換えてカロリーダウンを目指すというのはトータルのカロリーコントロールをする上では行いやすいタイミングと言えます。

 

慣れていない場合は食事との置き換え頻度を増やすとその分空腹を感じてしまいます。その状況では間食やダイエット自体を挫折してしまう可能性があります。置き換えダイエットは比較的短期間で体重が落ちることが人気の理由です。ただし、少し時間が経つと一度体重が落ちるペースはゆるやかになります。

 

そのため、無理に置き換えの頻度を上げるよりも、1日1回〜2回を続けることを習慣化する方が健康にも影響が少ないと感じます。
食べたい欲求が強くなりすぎると、精神的にも良くありませんし、欲求に勝てなくなってしまうことで、我慢した分を大幅に上回るカロリーを摂ってしまうといったことにもなりかねません。

 

また自分の基礎代謝(何もしていなくても消費されるエネルギー)を下回る量のカロリーしか摂らない状況が続くと身体は飢餓状態になり、少ない量でも多くを取り込もうとする本能的な部分が働くため、効率が悪くいわゆる痩せにくい身体になりますので、栄養バランスをしっかりとフォローしながら食べ過ぎている時間帯の食事との置き換え、もしくは習慣化しやすいタイミングでの置き換えを1日1回からじっくりと進めていくことが健康的に痩せる置き換えダイエットの成功のコツでもあります。

 

ファスティング時のダイエットドリンクの飲み方

ファスティングやプチ断食をする時のダイエットドリンクの飲み方は朝・昼・夕の食事の代わりに飲むというよりも、2〜3時間に1杯のダイエットドリンクを飲むというのがおすすめです。

 

ファスティングやプチ断食の場合に使用するダイエットドリンクの種類は酵素ドリンクが一般的ですし、管理人的にもおすすめです。
栄養補給にもなりますし、飲み方のバリエーションも豊富ですので、初めての方にも取り入れやすいです。

 

管理人がプチ断食を行ったのはお嬢様酵素と優光泉です。

 

その時の飲み方としては

  1. 7時〜朝目覚め後に朝食の置き換え:酵素ドリンクの水割り
  2. 10時〜食間の水分補給:酵素ドリンクの水割り
  3. 12時〜昼食の置き換え:酵素ドリンクの炭酸割り
  4. 14時〜食間の水分補給:酵素ドリンクの水割り
  5. 16時〜食間の水分補給:酵素ドリンクの水割り
  6. 18時〜夕食の置き換え:酵素ドリンクの炭酸割り
  7. 20時〜食後の水分補給:酵素ドリンクの水割り
  8. 22時〜食後の水分補給:酵素ドリンクの水割り

というスケジュールで飲みました。
さらに食間以外ではお茶や水を飲むことも大切です。しっかりと水分補給を行いながら酵素ドリンクを決めた時間に飲むという流れです。
このスケジュールでプチ断食を2日間行いました。集中的なプチ断食の飲み方として参考にしてみてくださいね。

 

栄養を効率良く摂るダイエットドリンクの良さを高めるための飲み方

ダイエットドリンクは摂取カロリーを減らす以外に栄養を効率良く摂ることができるのもダイエットドリンクの良さです。
この栄養を効率良く摂る飲み方は空腹時は栄養を吸収するのにも良いタイミングです。

 

そして朝の目覚めのタイミングは消化を終えた身体が排泄に働きだす朝のタイミングで栄養の吸収がされやすいダイエットドリンクを飲むことで胃腸に負担をかけずに本来の余分なものを排泄することで体内の消化酵素の使用を減らして代謝酵素が使いやすい環境になる点がおすすめする理由です。

 

ダイエットドリンクはサプリと一緒に飲んでも大丈夫?

よく質問の中でダイエットドリンクとダイエットサポートサプリなどを一緒に飲んでも大丈夫?という疑問を感じている方は多いです。
ダイエットドリンク、ダイエットサプリはどちらも健康食品でダイエットドリンクは清涼飲料水に分類されます。基本は栄養を補助する目的で医薬品ではないので、食事と同様に飲み合わせというものはあまり気にする必要はないです。

 

ただし、身体が一度に吸収できる栄養は限りがありますので、沢山のサプリメントを飲んでも吸収されずに排出されるので栄養を補うことを目的にメーカーが推奨する目安量を飲むようにしましょう。

 

また、サプリメントは妊婦さん、授乳中の方に対して服用を控えるように書かれている商品がありますので、この場合は飲むことを控えましょう。

 

置き換えダイエットで飲むことで実感できるダイエット効果までの期間

置き換えダイエットは食事と置きかえることで一日の摂取カロリーを大きく減らすことができます。
そのため、カロリーダウンによって消費するカロリーの比率も上がるため、ダイエット効果を実感するまでの期間は短いのが特徴です。

 

ダイエットドリンクのカロリーは1杯100〜200kcalほどが多く、これによる摂取カロリー減によってダイエットを後押ししてくれます。
また、置き換えダイエットやプチ断食によって消化に働く胃腸の負担を減らしながら栄養面も補給できるため、お通じにも変化を感じる方が多いです。

 

これによって溜まっていたものがスッキリと出ることも体重変化の理由に挙げられます。
一定期間を過ぎたあたりで停滞期があるのはダイエットの基本とも言えますが、置き換えダイエットは停滞期までに落ちる体重の変化や実感が早いため、人気が高まった経緯があります。

 

ダイエットドリンクでの置き換えダイエットをするメリット・デメリット

メリット

  • 簡単でお気軽でも始められるダイエット
  • 痩せにくいと感じ始めた方が置き換えをすることでしっかりとカロリーを減らせる
  • 美容面にも気を配りながらダイエットできる
  • 不足しがちな栄養が補給できる
  • 飽き性な方にも習慣化しやすい
  • 低カロリーで食間にも飲める

ダイエットドリンクは通常の野菜ジュースなどと比較しても低カロリーに仕上げている人が多いです。
寝る前に野菜ジュースを飲むと太るのでは?と感じている方などにも飲みやすいヘルシーさもメリットと言えます。

 

置き換えダイエットによるカロリー減にしっかりと取り組めるため、ダイエットルールは簡単なのに継続すれば誰でも結果に繋がりやすいのもメリットと言えます。
また、ダイエット時はお肌の調子が悪くなったり、便秘がちになったという経験もあるかと思いますが、ダイエットドリンクは食物繊維も含まれているので、食べないダイエットと比べても健康的な面もあります。

 

清涼飲料水でも最近はゼロカロリーのドリンクも増えていますが、カロリー面で比較してもダイエットドリンクは低く抑えられていながら、清涼飲料水では摂れない栄養が摂れるというのがメリットでもあります。

 

デメリット

  • 金銭面での負担・費用
  • 空腹感に勝てない
  • 好みや実感に個人差がある場合も

ダイエットドリンクは自作も可能ですが、基本は市販や通販などで購入するダイエットサポート飲料を用いて置き換えダイエットを行います。
そのため、一定期間は商品の購入が必要になるため、運動をしてダイエットをするのに比べて費用がかかるため、お財布に負担となる価格のダイエットドリンクは続けづらい面があります。

 

また、ダイエットドリンクの種類によっては飲みごたえが少ないこともあるので、人によって空腹を感じて挫折してしまうことがあります。飲み物ですので味やニオイに関して好みがあったり、置き換えダイエットを続ける上での実感度に違いや個人差があることがあります。

 

ダイエットドリンクの主な種類

ダイエット茶

元祖ダイエットドリンクとも言えるのが、ダイエット茶ではないでしょうか。お茶はビタミンやミネラル、さらにはポリフェノールなど特有の成分も含み健康に嬉しい内容のものが多く、日本人に親しまれてきた飲み物です。さらにこの特徴に加えて、体本来の燃焼力をサポートするのに役立つ成分を含むお茶など種類によってダイエットサポートにも役立つことが知られています。

 

例えば、黒ウーロン茶は近年、話題になり食後の糖や脂肪の吸収を抑えるといったトクホや機能性表示食品として登場しています。
数値が気になる年代、脂っこい食べ物が好きな方にも選ばれています。

 

また、含まれる成分によって巡りをサポートしたり、食物繊維などによって毎日のスッキリをサポートするお茶もあります。

 

置き換えダイエットという面では間食をしやすい方、ティータイムや水分補給に取り入れるのが基本です。
逆に食事との置き換えとなると、慣れるまでは空腹感や物足りなさも感じやすい面があります。

 

ダイエットサポートで人気のお茶

黒烏龍茶・緑茶・プーアル茶・ギムネマ茶・紅茶・ジャスミン茶・マテ茶・コーン茶・杜仲茶・黒豆茶・たんぽぽ茶・よもぎ茶・ゴボウ茶・明日葉茶・サラシア茶・ガルニシア茶など

 

紅茶

お茶と同様に特有の成分や栄養を含みます。この特徴を活かしつつ、低カロリーであることから置き換えダイエットのアイテムとして活用されている方も多いです。また、紅茶の原料になるハーブなどは心の癒しにも嬉しい成分を含むため、ストレスを感じやすいダイエット時のリラックスタイムにも嬉しい飲料です。

 

ハーブティーの原料は100種類以上と実に豊富です。国によっても主流の紅茶は違い、その国によって味わいや飲み方に違いがあるので、その点を楽しみながら置き換えダイエットができるのも女性におすすめなポイントです。

 

ダイエットサポートで人気の紅茶

ジャスミンティー、ルイボスティー、カモミールティー、ラベンダーティー、オレンジピールティー、アールグレイ、ダージリンティーなど

 

酵素ドリンク

芸能人やモデルが実践してダイエットや体形維持に成功したことからその評判が広まったのが酵素置き換えダイエットです。
毎日の食事の中から1食を酵素ドリンクに置き換えるだけという、その手軽さの評判から、人気の高いダイエット法となっています。

 

酵素ドリンクは野菜や果物、野草や海藻など様々な原料を発酵させてエキスを抽出して閉じ込めることで原料の栄養を取ることができます。
酵素は野菜などから摂るのが基本ですが、食生活が偏っている方にとっては不足しがちです。その中で食べ物を消化するとなると、総量が決まっている体内の酵素を消化に使用することになり、代謝に使われる酵素に使える量が少なくなると言われているのですが、この消化酵素を助ける野菜や果物に含まれる食物酵素を補ってくれるのが酵素ドリンクというのが酵素ドリンクを飲むメリットと言われています。

 

酵素置き換えダイエットでは使用するのは酵素ドリンクですが、色々な種類があります。
継続するには美味しくないと厳しいですよね。

 

取り入れやすい味わいは女性には甘いピーチフレーバーが酵素ドリンクでは相性も良く採用しているメーカーが多いです。
また男性だとフルーツの甘さが苦手な人には黒糖風味などの味わいがまろやかでで飲みやすいと評判です。

 

最近の酵素ドリンクは味を飲みやすいものが多くなっていますのでスッキリ飲めて継続しやすい商品が多いです。
管理人は置き換えダイエットでは酵素ドリンクを利用することが多いです。

 

コンブチャ

コンブチャ(KOMBUCHA)は日本人に馴染みのある昆布茶ではなく、紅茶をベースに種菌となるSCOBYを入れて発酵させた飲料です。原産は東モンゴルの紅茶キノコです。酵素ドリンクに近い飲料でもあり、発酵で酵素、乳酸菌、さらに紅茶キノコに含まれるビタミンやミネラルやアミノ酸、ポリフェノールなどの栄養を摂る事ができます。

 

青汁

健康に役立つ飲み物としての代名詞にもなっている青汁も置き換えダイエットに活用されることが多いです。
特に朝食を青汁に置き換えて朝食分のカロリーを抑えながら、青汁に含まれる栄養を摂ることで健康にも嬉しい飲み物です。

 

朝の置き換えで胃腸を休ませながら栄養も補えるという面で取り入れている方も多いのではないでしょうか?
最近では飲みやすさをさらに推し進めたフルーツ青汁なども登場しているので、昔のような、いわゆる健康に良いけどまずいという青汁は少なくなってきましたので、初めてでも取り入れやすくおすすめです。

 

管理人は青汁は毎朝の習慣で飲み続けています。

 

グリーンスムージー・ホットスムージー

女性を中心に健康や美容に嬉しい飲み物として広がり、今でも高い人気なのがスムージーです。野菜や果物などの栄養はもちろん、生の野菜や果物を使うことで食物酵素も補給できるのが最大の魅力です。さらに自作で作ることが容易なため、自分で食材を買ってきて作っている方も多いです。

 

そのまま食べるよりもミキサーで細かく裁断されているため消化にも優しいので、朝食だけでなく昼食や夕食の置き換えでも活躍してくれます。

 

グリーンスムージーだけでなく、ホットスムージーも登場して冷たい飲み物というイメージのスムージーが冷えや寒さが気になる女性をサポートしてくれる飲料にもなってきているため、根強い人気があります。

 

>> おすすめのグリーンスムージーはこちら

 

チラコル

こちらも注目度が高いダイエットサポートに役立つ飲料です。
ほうれん草に含まれるチラコロイドを効率良く摂るために作られた飲料で、グリーンスムージーや青汁のようなイメージの飲料です。
チラコロイドには満腹中枢に働きかけるチラコルは栄養面でも青汁原料である大麦若葉やケールにも負けない栄養が摂れる点も特徴で、海外セレブや日本の芸能人の方にも愛飲者がいます。
チラコロイドの働きとして知られる満腹ホルモンにアプローチによって空腹感を抑えつつ置き換えダイエットや食間に飲むことで食べ過ぎを防いぐのに役立つと言われています。

 

コーヒー

コーヒーは近年健康にも嬉しい飲み物として注目されています。そしてカロリー自体も1杯4〜5kcalという低カロリーなこともあり、ダイエット時の飲み物として取り入れている方もいらっしゃいます。最近ではバターコーヒーなどは海外セレブから発信され、話題になりましたね。

 

コーヒーにクロロゲン酸というポリフェノールを含み、赤ワインに匹敵するポリフェノールを含むと言われています。クロロゲン酸は血糖値やコレステロール値が気になる方の健康習慣にも良いと言われています。

 

利尿作用も持ち合わせているため、むくみが気になる生活習慣の方にも嬉しい飲み物とされています。

 

飲み方としてはホットで飲むこと、インスタントコーヒーより原料の成分が多く含まれているドリップコーヒーで80度前後の温度のお湯で飲むのが美味しく飲めてダイエットにも嬉しい飲み方です。

 

飲み過ぎには注意しながら1日3杯程度を目安に飲みましょう。

 

ただし栄養自体はコーヒーにはあまり含まれていないため、置き換えダイエットの飲料としては栄養面で不足する可能性もあるので、あくまで間食対策として飲むというのがおすすめです。

 

フルーツビネガー

フルーツビネガーはフルーツを原料とした酢です。1Lに対して約300g以上の果実の搾汁を含まれるものが果実酢とされており、身近なフルーツビネガーで言うとリンゴ酢やブルーベリー酢、ザクロ酢、野イチゴ酢、ゆず酢などメーカーによっても種類は豊富です。

 

酢にはクエン酸が多く含まれている他、酢酸も含む他、アミノ酸やカリウム、マグネシウムなどのミネラル、さらにビタミンも含むため、健康にも嬉しいですし、女性の美容面に関わる健康対策としての習慣にもおすすめされています。

 

フルーツビネガーをサラダなどにプラスして栄養の補助にしてヘルシーな食事をするほか、水や牛乳、豆乳と割ることで置き換えダイエットのドリンクとしても活用できます。

 

フルーツビネガーは自作も可能で、消毒したキレイなガラス瓶に好みのフルーツ、そして保存をするための砂糖やハチミツ、そして酢をそれぞれ「1:1:1」の割合で入れることで飲みやすいフルーツビネガーが作れます。

 

飲むタイミングは胃が空っぽになっている時よりも食事中や食間の方が飲みやすいです。逆にそのまま原液で飲むと甘すぎたり、酢の酸っぱさで飲みづらいと感じる場合もあるので、水や牛乳、豆乳などと割って飲みながら好みの相性を見つけるのがおすすめです。

 

番外編〜ミネラルウォーター

食事との置き換えによって摂取カロリーを減らすという点ではカロリーゼロであるミネラルウォーターで置き換えダイエットをされる方もいらっしゃいます。
適切な水分補給は身体の巡りを保つのにも欠かせないので必要ですが、栄養という面ではミネラルは微量含まれていますが、他の栄養は含んでいません。

 

そのため、食間の空腹を紛らわすという面では役立つものの、食事との置き換えは必要な栄養が不足してしまう恐れがあるので、あまりおすすめできない点があります。

 

ミネラルウォーターの1日の摂取量目安は?

ミネラルウォーターはカロリーもありませんので、どれだけのんでも尿や汗として排出されますが、飲みすぎるとお腹がゆるくなってしまったり、尿などで排出される際にミネラル成分が排出されてしまう事や摂りすぎによってむくみを招いてしまうこともあるので、あくまで適量を飲むというのが大切です。

 

成人の場合、1日に身体から排出される水分量として2リットル弱と言われています。季節によっても違いますが、1日2リットルくらいは食事などからの補給と合わせて水分を補給することでバランスが取れます。この2リットルというと200mlほどのコップだと10回ほどと意外に多いので、習慣として朝・昼・夕方・夜・寝る前といったタイミング、そしてその間の時間帯に飲むといった感じで補給すると良いかと思います。

 

あまり冷たい水を飲むのではなく、常温で飲む方がお腹にも優しいかと思います。また、ミネラルウォーターはミネラルを含むため過剰に飲むのはおすすめできませんので、あくまで水分補給として飲む方が身体にも負担がかからないと言えます。

 

番外編〜炭酸水

炭酸水もミネラルウォーターと同様にカロリーはゼロ、さらに炭酸の働きによってお腹が満たされるため、置き換えダイエットで活用している方もいらっしゃいます。
ただし、ミネラルウォーターと同様に栄養面が心もとないですので、食事との置き換えとなるとおすすめできない面があります。

 

酵素ドリンクなどを割って飲む時のアイテムとしては優秀ですので、炭酸水を取り入れるなら、栄養が補給できる酵素ドリンクなどを取り入れて空腹感を紛らわすのに役立てるのがおすすめだと感じます。

 

ダイエットドリンクの選び方

ダイエットドリンクを置き換えダイエットに取り入れる時の選び方の基本は

  • 栄養が補給できる
  • 美味しく続けられるか
  • 無添加・低分子化で身体に負担をかけない
  • カロリーが低く腹持ちの良い
  • アレンジのバリエーションがある
  • クーポン・お試し・割引などのキャンペーンがある

これらは置き換えダイエットでダイエットドリンクを選ぶ時の外せないポイントの基本と言えます。

 

栄養が補給できる

置き換えダイエットは食事の代わりにダイエットドリンクなどを用いて置き換えるため、摂取カロリーを減らせられる分、栄養も不足してしまう場合があります。
このダイエット時に不足しがちな栄養をダイエットドリンクがしっかりとカバーできないと健康的なダイエットになりませんので、栄養が補えるダイエットドリンクを選ぶのが大前提です。

 

冷えやむくみなど女性ならではのお悩みがある方は、原料に巡りをサポートしてくれる食材を使用していたり、温めて飲めるタイプのダイエットドリンクを選ぶことで、置き換えによるカロリーダウンと共に不足している栄養や成分を補ってスッキリ・ポカポカ習慣作りにもなるので、おすすめです。

 

美味しく続けられるか

食事との置き換えを行う置き換えダイエットですので、まずいダイエットドリンクは味の満足度に対する不満からストレスに繋がるため、続けるのが難しいです。
味はメーカーによって違いがありますので、好みの味のダイエットドリンクを見つけましょう。

 

無添加・低分子化で身体に負担をかけない

添加物は商品の品質を維持したり飲みやすくするために使用されているので、添加物は悪ということではありません。
ただし、食事をとらず空っぽの胃の状態で飲むわけですから、添加物を含まずに成分が低分子化されている状態のダイエットドリンクの方が栄養を吸収しやすく、スムーズになります。

 

添加物の排出には酵素の消費や補酵素のビタミンを消費することが分かっているため、普段の食事でも気を配りたい所ですが、置き換えダイエットの場合はせっかく栄養面を補助してくれるダイエットドリンクの意味が薄れてしまいかねませんので、吸収されやすいこととできるだけ添加物が使用されていないものを選ぶのが身体にも優しいです。

 

カロリーが低く腹持ちの良い

ダイエット食品の基本とも言えますが、カロリーを抑えながら腹もちが良いダイエットドリンクを選ぶと空腹感が紛れます。
ただし、カロリーを抑えながら飲みやすい甘さや風味を実現するとなると、原料や製造からこだわるか、添加物などで香料や甘味料を添加する必要も出てきます。

 

人気のダイエットドリンクにも香料や甘味料、増粘剤などが使用されているのが一般的ですが、中には完全無添加で自然の甘みを与えてくれる原料を使用することで甘さや飲みやすさを実現しているダイエットドリンクがありますので、こだわるならやはり無添加でカロリーを抑えられる原料を採用しているものを検討するのが身体に優しい面があります。

 

アレンジのバリエーションがある

自然の風味を活かしているような無添加のダイエットドリンクなどは、味や香りに若干癖があることも。それでも身体には優しいからという理由で我慢して飲み続けるというのはちょっと残念です。そのため、ただ飲むだけでなく、何かと割って飲む、ヨーグルトなどに合わせられるタイプのダイエットドリンクは癖がある原料を使用しているダイエットドリンクでも美味しく続けやすいです。

 

完全無添加というのが売りでもある酵素ドリンクの優光泉は原液は独特の香りと甘さがあるため、人によって癖を感じると思われますが、牛乳や豆乳、ヨーグルトなどに合わせることで素材の優しい甘さを感じる飲み物や食べ物に変わるので続けられました。

 

クーポン・お試し・割引などのキャンペーンがある

ダイエットは継続が重要なポイントです。そのため、置き換えダイエットにダイエットドリンクを取り入れる時には習慣としてダイエットドリンクを購入することになります。こだわりのダイエットドリンクは5000円を超えることがありますので、その分、ちょっとお財布が痛いと感じて続けられないこともあります。

 

やはり続けられる価格ということも大切ですが、クーポンやお試し、割引などの特典があるダイエットドリンクは続けるだけお得な気持ちにさせてくれるので、モチベーションもキープしやすいです。

 

一番は定期コースのプランでしっかりと割引されていることと解約がこちらの希望で行いやすい回数に設定されていると、最安値で続けられるのでおすすめです

ダイエットドリンクに関する疑問・知識

こちらではダイエットドリンクに関する疑問や豆知識などについてお伝えしています。

 

お茶がダイエットにも良いと言われる理由

ダイエットドリンクのジャンルにはお茶も含まれています。ダイエット茶というジャンルがあるくらい、ダイエットサポートとしてポピュラーな飲み物です。
お茶がダイエットに役立つと言われる理由にはお茶に含まれる成分による影響があると言われています。

 

お茶にはビタミンやミネラル以外にカフェインやサポニン、カテキンなどが含まれています。最近、話題になっている重合型カテキンなどは食事から摂る糖や脂肪の吸収を抑えるのに働く期待が持てる成分を含むなど、ダイエットを行っている時の食生活のサポートに役立ってくれます。

 

お茶によって含む成分には違いがあり、それぞれの特徴によって健康的な毎日をサポートしてくれます。
カリウムを多く含むお茶が多く、利尿作用に働くことからむくみがちな習慣、塩分が多い食事が中心という方にも余分なものを排出するのに役立ってくれます。

 

ただし、飲んですぐに効果が表れるというのは医薬品ではないので、期待は薄いです。あくまで習慣として飲み続けることで食事だけで摂りきれない栄養や成分を補うことに繋がるので、習慣として取り入れるのがおすすめです。

 

ダイエットプーアール茶とは?

ダイエットプーアール茶はダイエット茶の中でも人気・知名度共に高いお茶です。プーアール茶は中国を原産とした中国茶で茶葉を発酵させる過程の中で没食子酸(有機化合物の一種)を生成します。プーアール茶は脂肪吸収をブロックする働きやリパーゼという体内の酵素を増やすのに働きかけるなど、余分に摂りがちな脂肪を効率良く燃やすのに嬉しい成分を含むと言われています。

 

また、重合型カテキンと没食子酸の二つは脂肪を乳化する胆汁と結び付き胆汁の働きを制限して脂肪吸収をブロックするというのが、一般的に知られるプーアール茶がダイエットにおすすめされる理由です。

 

ダイエットプーアール茶は市販でも手に入れやすいお茶で、価格も幅広いですが手に取りやすい商品も多いので、習慣として取り入れやすいのも人気の理由です。

 

脂肪を摂りがちな食生活の方、お通じがスッキリしない方には喜ばれています。

 

ギムネマ茶はダイエットにおすすめ?

ギムネマ茶はインドた東南アジアを原産とするギムネマ・シルベスタの葉を乾燥させた茶葉を使用したお茶です。
古くから民間療法などにも用いられてきた健康に役立つお茶として知られています。

 

糖の吸収を抑えるギムネマ酸を含むため、過剰な血糖値の上昇を緩やかにするといった働きが期待できるため、数値が気になる方の飲み物としても取り上げられることも多いです。

 

ギムネマ茶は食事との置き換えには向きませんが、普段の飲み物と置きえることで食事から摂る糖や脂質、糖質の吸収を抑えるという働きが報告されています。また、食前に飲むとギムネマ酸の特性から甘さを感じにくい味覚になるため、甘いものが辞められないという方にもおすすめされています。

 

杜仲茶ダイエットの正しい飲み方

杜仲茶は杜仲という木の葉を茶葉としたお茶です。原産の中国では5大漢方薬の一つとして知られる杜仲を手軽に飲むことができるのがメリットです。
杜仲は飲むと利尿などの作用がある他、鎮痛・強壮といった面にも働きかけることが有名です。杜仲茶は特定保健用食品(トクホ)として認可された第一号の飲み物でもあります。

 

さらに杜仲茶にはカフェインが含まれていないことから、妊婦さんにも愛飲している方が多いようです。お年寄りの方にもおすすめされています。お茶ということで0kcalである点もダイエットに向いている飲料です。脂質も糖質も含みません。

 

杜仲茶はカリウムやマグネシウム、カリウムを多く含み、その他ミネラルも豊富。しかもビタミン(ビタミンB群、ビタミンC)も含むので健康に嬉しいと評価されているわけです。

 

そんな杜仲茶ダイエットの正しい飲み方は

  • 普段の食事に杜仲茶をプラスして飲む
  • 空腹時に飲む
  • 運動前に飲む

というのがおすすめです。置き換えダイエットの面で考えると空腹時、食間にカロリーがある飲み物を飲んでいる方は杜仲茶に置き換えることでカロリーもゼロになるほか、ミネラル補給にもなり、座りっぱなしでスッキリしない足が気になるといった生活習慣対策にも役立ってくれます。

 

また1回に飲む量は200〜300mlほどを目安として飲むのがおすすめされています。1日5杯くらいまを目安にしておくのが基本です。
継続のポイントはやはり自分の好みに合ったお茶の濃さを見つけることで、習慣にしやすくなります。

 

コンブチャクレンズの特徴とコンブチャダイエットのやり方

コンブチャはいわゆる紅茶キノコのことを指し、紅茶をベースに種菌となるSCOBYをプラスして発酵させた飲料で菌活ドリンクとして有名です。
そしてコンブチャを摂るのに登場したのがコンブチャクレンズです。コンブチャクレンズはダイエットドリンクランキングでも上位になることも多い話題のドリンクですよね。

 

ちなみに紅茶キノコとは紅茶や緑茶に菌塊と砂糖を加えて発酵させている飲み物で、酵素ドリンクにも通じるわけです。
乳酸菌や酵素を多く含むことから腸内の痩せ菌である善玉菌を増やすのにも嬉しい飲み物として話題になりました。

 

コンブチャクレンズはコンブチャを飲みやすくして、栄養や美容成分をプラスするなど、女性を意識した飲料となっています。
また、コンブチャをパウダー状にした「ミネラルコンブチャパウダー」も人気です。。パウダーを水などに混ぜて飲むタイプで、紅茶エキスに加えてアカシア食物繊維や大豆ペプチド、植物発酵エキス、さらに野菜や果物を配合して栄養面も強化して毎日の栄養補助としてはもちろん、置き換えダイエットにも活用できます

 

コンブチャダイエットのやり方は酵素ドリンクを用いた置き換えと同様です。水・炭酸・ヨーグルト・青汁などお好みの飲料や食べ物と合わせて摂ります。
基本は置き換えダイエットで朝食・昼食・夕食のどれかとコンブチャクレンズを置き換えることで摂取カロリーを減らしながら栄養補助としてサポートしてくれます。

 

レモンティーでダイエットはできる?

レモンティーは1杯約50kcalほどと低カロリーなため、ダイエットティーとしても人気が高いです。
レモンティーを使ったダイエットの場合、市販のレモンティーよりも、紅茶とスライスしたレモンを使うのが基本です。

 

レモンには健康に欠かせないビタミンCが豊富でビタミンCには還元力も備わっており、若々しくいるのにも必要な栄養です。
普段の飲み物をレモンティーに置き換えることで、カロリーを控えながらビタミン補給になるという点で有用な面があります。

 

また最近ではDHCがレモンティーをダイエット茶シリーズで販売したことからレモンティーダイエットに取り組んでいる方も多いです。
DHCのダイエット茶のレモンティーは食物繊維の難消化性デキストリン、ギムネマシルベスタを含み、炭水化物や脂っぽい食事が好きな方に重宝されています。
レモンティーダイエットは食事の前に飲むのが基本ですが、食間の飲み物としてもおすすめです。
市販されているダイエットサポートを目的としたレモンティーには上述した難消化性デキストリンやギムネマシルベスタ、ガルニシアといった成分を配合するなど、純粋なレモンティーとは少し違う健康食品の位置付けです。

 

ただし食事を減らさずに、これを飲むだけで痩せるというのは時間を要しますし、正直難しい面もあります。もしダイエットにレモンティーを取り入れる場合には食事との置き換え、もしくはファスティング時の水分補給に取り入れるといったダイエット方法がカロリーを減らすのにおすすめです。

 

コンビニで買える痩せるためのドリンク選び

ダイエットを頑張る方にとってコンビニは誘惑が多い場所と言えますが、近年ではどこのコンビニでも糖質カット系商品やカロリーオフ系の商品も数多く登場しています。ローソンの糖質オフシリーズなどは人気が高く、ダイエット時の間食にも選ばれています。

 

そんなコンビニで痩せるためのドリンクとして活用できるのは糖質オフ・カットの野菜ジュース、豆乳スムージー、アサイージュースがおすすめです。
理由としてはダイエット時に不足しがちな栄養を補えること、さらにタンパク質を補えること、アサイージュースだとビタミン・ミネラルの他にポリフェノールも摂れます。しかもこれらのドリンクは食物繊維も豊富ですので、ダイエット中に感じやすい便秘対策にも役立ってくれます。

 

また、黒ウーロン茶などトクホ飲料や機能性表示食品のドリンクも増えていますので、チェックしてみると良いですね。ミネラルウォーターや炭酸水、コーヒー、緑茶などもありますが、飲み物としてはもちろんおすすめですが、これを飲んで痩せるということは難しいので、あくまでカロリーに気を使うならということを理解しておきたい所です。

 

管理人的には置き換えダイエットにも活用できるという点でカゴメ野菜生活のスムージーシリーズは味わいも種類があるのでおすすめです。
セブンイレブンなどもダイエットをテーマとした商品も増えていますので、馴染みのあるコンビニをチェックしてみると良いかもしれません。

 

バターコーヒーダイエットとは?

バターコーヒーダイエットはコーヒーにバターを入れて飲むコーヒーバターコーヒーをダイエットに活用したものです。
バターコーヒーダイエットに使用する場合は質にこだわることが大切で、コーヒー豆を使って淹れた質にこだわったコーヒーにグラスフェッドバター、ココナッツオイルを混ぜて作るのが一般的です。

 

これはコーヒーにプラスしてグラスフェッドバターに含まれる不飽和脂肪酸やタンパク質、そしてココナッツオイルに含まれる飽和脂肪酸などを摂ることができます。
特にグラスフェッドバターは牧草で飼育された牛のミルクで作られたバターで通常のバターと比較してビタミンA、ビタミンD、ビタミンEが豊富なことで知られています。また、市販のバターと違い塩分が加えられていないのも特徴です。

 

近年、注目されているサラサラ成分である不飽和脂肪酸を多く含むということもポイントですね。

 

このバターコーヒーダイエットはアメリカのデイヴィット・アスプリーさんが考案したダイエット法で、心と身体を健康に保ちながらパフォーマンスの向上をテーマとした方法として独自に編み出されたダイエット方法です。

 

バターコーヒーダイエットの方法は?

バターコーヒーダイエットの方法は朝食をバターコーヒーと置き換えるだけです。
バターコーヒー自体のカロリーは約218kcalほどとなっています。
朝はコーヒーだけという方も多いと思うので、比較的取り入れやすいこともポイントとなっています。

 

基本的なバターコーヒーの作り方は

  1. ドリップしたコーヒーを淹れる(1杯分)
  2. グラスフェッドバター(大さじ1杯)とココナッツオイル(大さじ1〜2杯)を混ぜてコーヒーに入れる
  3. そのままでは混ざりづらいのでジューサーやブレンダーなどに入れてミックス

ココナッツオイルはMTCオイル(中鎖脂肪酸油)が定番となっているようです。日清食品でもMTCオイルが販売されているので手に入れやすいと思います。
逆にグラスフェッドバターは身近なお店で手に入らないこともあるので、通販などで取り寄せるのがおすすめです。

 

本格的な青汁の見分け方

まずいけど健康に良いとして愛飲している方も多い青汁ですが、今では沢山の商品が登場しています。
最近、人気が高いのはやはり飲みやすさに配慮した青汁で、他にもフルーツを原料にプラスして食物酵素も摂れる!といった青汁なども人気です。

 

管理人もかれこれ1年以上青汁を朝飲む習慣を続けていますが、その中で本格的でしっかりと青汁の良さを感じられる商品の見分け方があると感じました。
その中でチェックしたいのが

  1. 青汁の原料の違い大麦若葉・ケール・明日葉によって含まれる栄養が違う
  2. 添加物の使用について
  3. 栽培方法
  4. 形状によっても違いがある

という点です。

 

青汁の原料の違い

ケールは栄養バランスが良いものの、若干癖がある味で、大麦若葉はSOD酵素という活性酸素を除去するのに働く酵素を多く含むと言われています。また、明日葉はビタミンB群が多く含まれると言われています。

 

これらはそれぞれ単体の原料で作られている場合と、ミックスされている場合があります。単体原料の場合は気になる商品の栄養表示を確認してビタミン・ミネラル・アミノ酸などが1杯にどれくらい含まれているか?を確認するのがおすすめです。

 

ケールがいわゆる青汁の最初の原料とされています。まずいけど健康に良いと言われた味わいに触れるのも良いかもしれません。

 

添加物の使用について

青汁は味わいに癖があることで有名ですが、最近は飲みやすさに配慮した青汁も多いです。ただしこの場合は添加物によって甘さや香り付けをしているケースがあり、本格的な青汁として捉えた場合、不要なものが含まれていることになります。飲みやすさを重視するなら問題ありませんが、より原料の栄養を摂りたいと考えた時には無添加の青汁が適していると感じます。

 

栽培方法

青汁の原料はシンプルです。その分、原料の質に左右される面が多く、この質を左右するのが栽培方法です。農薬の使われ方はもちろん、製造工場の質(GMP基準に準拠した工場か?など)といった面も比較する際にチェックしましょう。

 

また、有機栽培などにこだわった青汁は原料本来の味わいを活かしている商品が多いので、一度チェックしてみると良いかもしれません。

 

青汁の種類でも違いがある

青汁といってもジュースタイプ・パウダー・タブレット・冷凍タイプなどがあります。
出先などで手軽に摂るなら、ジュースタイプ、タブレットがおすすめですし、自宅で飲むならパウダータイプが自分好みのアレンジもしやすくおすすめです。
管理人は青汁を少量のぬるま湯で溶いてから野菜ジュースを入れて飲むのが毎朝の習慣です。

 

冷凍タイプはしぼりたての青汁を冷凍しているため、本来の風味をそのまま閉じ込めた状態と言えます。

 

青汁は飲みやすくなってきたこともあり、身近になってきています。ただし本格的な青汁という点では素材のみで作られている、もしくはそれに近い状態で作られているものにこだわってみると良いかと思います。

 

個人的には毎日続けるなら定番のパウダータイプが無添加で日持ちもしますし種類も豊富なのでおすすめです。

 

健康に良い酵素ドリンクを選ぶポイント

酵素ドリンクも実に沢山の種類が登場しています。
その中で本物の酵素ドリンクを見つけたいと考えるなら、いくつかのポイントをチェックしましょう。

  1. 完全無添加
  2. 発酵方法
  3. 原料

この3点で酵素ドリンクの良さが変わってきます。

 

完全無添加

酵素ドリンクは酵素を補給するというイメージがありますが、そうではなく、酵素を含んだ野菜や果物・野草や海藻などの原料を発酵させることで栄養価を高め、さらに低分子化することで身体に吸収しやすくしたものというのがポイントです。

 

これは置き換えダイエットやプチ断食といった時に身体への負担も少なく、消化に使用される酵素量を抑えることにも繋がる面があります。

 

そのため、純粋な酵素ドリンクを摂る場合には原料となる酵素原料以外の添加物は含まれていない方が、純粋な酵素ドリンクであり、体にも負担が少ないと言えます。
添加物を排出するのにも体内の酵素が使用されますので、せっかくの酵素ドリンクが長い目で見た時にあまり意味が無いことになってしまいます。

 

その分、味、ニオイ、賞味期限といった面で飲みやすさに配慮した添加物(甘味料や香料がプラスされているタイプ)が配合されているドリンクよりも癖が強いのが難点と言えます。

 

発酵方法

酵素ドリンクのキモは発酵方法です。自然の酵母菌などの菌によってじっくりと熟成された酵素エキスはその分栄養価も高まると言われているため、この発酵方法をしっかりと記載している酵素ドリンクがおすすめです。
昔ながらの陶器カメや木製樽などでじっくりと発酵させた酵素エキスは、そのカメでしたで作れないオリジナリティがあります。

 

原料

発酵に使用する原料は基本と言えます。沢山の種類の酵素を配合というような謳い文句が多いですが、実際にちゃんとどの原料を使用しているか掲載している酵素ドリンクは少ないです。

 

原料のエキスのみを使用して酵素エキスとして配合したいわゆる酵素プラスのジュースのような酵素ドリンクもありますので注意しましょう。

 

本物にこだわった酵素ドリンク一つ優光泉にはボトルの原材料に使用されている野菜や果物が記載されています。
しかも産地まで公開するなど、こだわりがある酵素ドリンクは存在しますので、置き換えダイエットに酵素ドリンクを使用するなら、一度はチェックしてほしいポイントです。

 

置き換えダイエットに活用されることが多いダイエットドリンク

商品名 種類 特徴
プレミアムデトックティー(ハーベスト) お茶 エステなどで高いリピート率を誇ると言われるデトックスをテーマとしたダイエットティーです。55種類のハーブを配合しているのが特徴。
ヘルシア緑茶 お茶 コンビニで買える健康に嬉しいトクホの緑茶です。脂肪を代謝する力を高め、体脂肪を減らすのを助けるという特徴があります。茶カテキンを540mg含有しています。
メタボメ茶 お茶 ダイエット茶として知名度が高いメタボメ茶は黒豆・プーアール茶・烏龍茶・杜仲茶をプロがこだわりのブレンドで作り上げています。
飲まなく茶 お茶 100%植物成分で作っているダイエットティーです。プーアール茶・烏龍茶・エビス草の実・霊芝・蓮の花・ローズに加えて、飲みやすさに配慮した甘味原料にステビアを使用しています。
七美茶 ダイエットティ お茶 漢方屋さんが作ったお茶として楽天ランキングでも1位を獲得したお茶です。ごぼう・黒豆・玄米・てんちゃ・有機ルイボス・ローズヒップ・ゴールデンキャンドルをブレンドしています。
青の花茶 お茶 5種類の茶葉をブレンドしたハーブティーで、ノンカロリー、ノンカフェインとなっています。
ハーブ健康本舗 モリモリスリム お茶・青汁・コーヒー お茶や青汁、コーヒーといった種類で飲めます。お茶や乳酸菌などをプラスするなど、商品によってバリエーションがあるのが特徴です。

コンブチャ+酵素ドリンク
KOMBUCHA

コンブチャ 紅茶キノコに加えてさらに栄養をプラスしたコンブチャドリンクです。
カゴメGREENS スムージー コンビニで手軽に購入できるスムージーです。置き換えダイエットにもおすすめで、朝の朝食代わりに飲んで食物繊維や栄養も一緒に摂れるのが人気です。
カフェデスムージー スムージー グルコマンナンやチアシードといった満腹感をサポートする原料も加えたスムージーです。乳酸菌やプロテインなども配合されているのが特徴となっています。
すっきりレッドスムージー スムージー 赤や紫といった色の野菜・果物を使用したスムージーです。乳酸菌や食物繊維も含み、ポリフェノールも摂れます。
セブンデイズカラースムージー スムージー 野菜不足を効率良く補いながら5つの味で飽きずに続けられる人気のスムージーです。
マイブレイクレッドスムージー スムージー 230種類の酵素原料に乳酸菌150億個をプラスしたスムージーでストロベリー・ベリーといった原料の風味になっています。グルコマンナンで空腹感をケアしているのも特徴。
満腹美スリムダイエットスムージースーパーフードチアシードプラス ダイエットドリンク チアシードをたっぷりと使用したダイエットスムージーです。グリーンスムージーとアサイースムージーの2種類から選べます。
コバラサポート ダイエットドリンク 大正製薬から登場したお腹で膨らむ炭酸を含んだゼリーが入っているため、空腹感を満たしてくれます。味も5種類あるので、その日の気分で選べるのが良いですね。
カロセーブ ダイエットドリンク 美味しく低カロリーというのをテーマにしたダイエットドリンクで、50種の栄養成分を1杯で摂ることができます。アレンジレシピの幅も広いのが好評です。
スーパー酵素プラス ダイエットドリンク 熱に強い生酵素と17種類のスーパーフードが入ったダイエットドリンクです。味もチョコレート味となっているため、スイーツ感覚で置き換えができるのが人気です。
ハーブアブソリュートスウィッチェル ダイエットドリンク フランス産の生姜がアクセントになったドリンクです。クエン酸・ポリフェノール・酵素・アミノ酸・ビタミン・ミネラルも摂れるのが特徴です。アップルサイダービネガー、ハチミツで風味付けされているので美味しく甘酸っぱくて美味しいです。
LLE82 酵素ドリンク 植物酵素を原料とした酵素ドリンクで、スピルリナやマカも入っています。
お嬢様酵素 酵素ドリンク パッケージが特徴的な酵素ドリンクで、飲みやすくて美味しいと評判でもあります。48時間のプチ断食のプランをわかりやすく案内しているため、初めてでもおすすめです。
クレンジング酵素 酵素ドリンク スーパーフード4種類、64種類の酵素原料から作られた酵素エキスを配合したドリンクです。ビタミンも11種、ミネラルも豊富です。
断食生粋酵素液48時間ファスティング 酵素ドリンク 短期間で体重をコントロールしたいという方から注目された48時間ファスティングをテーマにした酵素ドリンクです。90種類の野菜、野草、果物を発酵熟成の酵素エキスに加えて、コレウス・フォルスコリ、L-カルニチン、11種のビタミンを配合しています。
GOKURICH(ゴクリッチ) 青汁 美味しさにこだわった女性に人気の青汁です。プロテインやサイリウム、酵素エキスを加えています。さらに29種類の美容成分を配合と青汁の中ではプラスされている成分が多いのが特徴です。
すっきりフルーツ青汁 青汁 大麦若葉、クマザサを主としていながらもフルーツ味で飲みやすいのが特徴です。80種類の酵素エキス、乳酸菌を配合、ビタミンCやプラセンタなどの美容成分も配合しています。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁 青汁 フルーツ味で飲みやすいのが特徴、大麦若葉、明日葉、クマザサなどの青汁原料に加えて181種類の野菜や果物から作られた酵素エキスもプラスされています。
本搾り青汁 ベーシック 青汁 ファンケルの人気青汁です。1本で1食分の緑黄色野菜量を補えます。国内産のケールにオリゴ糖を加えることで、癖が強めなケールの風味を飲みやすく仕上げています。

ダイエットドリンクの口コミ・評判

こちらでは管理人が実際に酵素ドリンクの「優光泉」を使用して置き換えダイエットをした体験談をお伝えします。
ダイエットドリンクの口コミや評判が気になっている方は参考にしてみてくださいね。

 

優光泉で置き換えダイエット

優光泉は酵素ドリンクの中で無添加にこだわり純粋な酵素ドリンクなので、身体にも優しく置き換えダイエットだけでなく、プチ断食にも取り入れやすい酵素ドリンクです。優光泉を販売しているエリカ道場は断食による健康法を取り入れていることもあり、断食時に必要な栄養をしっかりと補給できることにもこだわっているなど、ノウハウもしっかりと持っているメーカーの酵素ドリンクということで試しました。

 

優光泉

 

優光泉は味に2種類ありますので、アレンジのバリエーションも豊富でおすすめです。

 

レギュラータイプの優光泉です。
優光泉

 

梅味の優光泉です。こちらの方が人気が高いようですが、管理人的にはレギュラータイプも美味しく飲めました。
優光泉

 

優光泉のハーフボトルセットを購入して付いてきた炭酸水です。酵素ドリンクで空腹感を抑えるのに定番ですね。
優光泉

 

>> 優光泉の公式サイトはこちら

 

まず優光泉を使って2週間の置き換えダイエットを行った結果から

 

置き換えダイエット開始時
優光泉口コミ

 

初日終了翌朝の体重
優光泉口コミ

 

6日目終了、7日目朝の体重
優光泉口コミ

 

2週間終了時点の体重
優光口コミ泉

 

2週間、夜の食事との置き換えダイエットを行って最終的にはマイナス2.1kgという結果でした。
初日、2日目はちょっと夜にお腹が空いたと感じて口寂しかったので、水をしっかりと飲んで空腹を紛らわしました。

 

それでも3日目以降は慣れてくることもあって、空腹感にも慣れてきます。1週間経過すると少し体重の減り方が落ち着いたものの、最終的には2キロマイナスとなったので、満足できる結果だと思います。

 

もう少し体重を落としたい場合には週末の休みを利用してプチ断食を行うとさらにダイエット効果をアップできます。

 

優光泉は水、炭酸水、牛乳、豆乳、ヨーグルトを使って飽きないようにアレンジしました。
優光泉は原液が甘めなので、どの飲み物と合わせても美味しく飲めます。

 

お水で割った優光泉です。
お水で割った場合は梅味の方が美味しいと感じました。
優光泉

 

次に炭酸水で割った優光泉です。
レギュラータイプも優しい甘さを感じて飲みやすいのですが、梅味の方がソフトドリンクのように飲めるのでおすすめかな?と思います。
優光泉

 

次に牛乳で割った優光泉です。
牛乳で割るとレギュラータイプのシンプルな甘さが活きてきます。牛乳の味わいがまろやかに変わって美味しいです。
優光泉

 

次に豆乳で割った優光泉です。
こちらもレギュラータイプの方が豆乳の風味もありながら優しい甘さでとっても美味しいです。
夜の置き換えダイエットにはこのレシピが個人的には一番良かったです。
優光泉

 

最後はヨーグルトに優光泉原液をかけたものです。
レギュラータイプはオリゴ糖をプラスしたヨーグルトのように優しいほどよい甘さで食べやすくなります。梅味はフルーティーなヨーグルトに変わります。

 

置き換えダイエットを長く続ける時、もしくは健康習慣も踏まえて食生活に取り入れる時にはフルーツなどをプラスしたヨーグルトに優光泉をかけるとスイーツに早変わりです。
優光泉

 

ダイエットドリンクの中で酵素ドリンクは置き換えダイエットに取り入れやすく栄養も補えるため、おすすめだと感じました。
管理人もちょっと体重が気になるという時に購入して短期間の置き換えダイエットで体重をコントロールするのが習慣になっています。

 

続けて購入しなくても、体重を落としたいという時だけでも置き換えダイエットならしっかりと摂取カロリーを減らせるので結果も出やすいと思います。
初めての置き換えダイエットなら朝から始めて、少し慣れてきたら夕食を置き換えてみると自然に体重が落ちていくので運動が苦手な方でも目標を目指しやすいと思います。食生活が偏りがちな方にもおすすめです♪

 

 

最新のダイエットドリンクで理想の身体を目指しましょう!

女性だけでなく男性にもおすすめなのがダイエットドリンクです。健康にも嬉しい栄養や成分も補給しながら置き換えダイエットによるカロリー減を実現することができます。ダイエットドリンクの中には、最新の原料を使用したものも多く海外セレブや芸能人の方にも愛飲者が多いです。

 

お茶やコーヒーといった飲み物だけでなく、ジュースのように飲みやすいダイエットドリンクも種類が沢山あって好みのドリンクを見つけやすいです。
健康や美容、そしてダイエットにも役立つ置き換えダイエットドリンクで理想の身体を目指してみてはいかがでしょう?

 

>> 置き換えダイエットランキングTOPページへ

ダイエットドリンクランキング記事一覧

美容や健康、そして置き換えダイエット時の栄養補給とカロリーカットにも取り入れられる酵素ドリンクはとても人気があります。わがまま酵素ドリンクは、野草酵素85種類を厳選して使用されているのが特徴で、カロリーダウンをしながら、しっかりと栄養補給もサポートしてくれます。わがまま酵素ドリンクは豊富な美容成分を配合わがまま酵素ドリンクには美容成分もたくさん含まれているのが特徴で、健康維持と共に美容にも嬉しいと...

置き楽美人は手軽ながらダイエット時の栄養補給をサポートしながら、置き換えダイエット時の摂取カロリーダウンが出来るダイエットドリンクとして人気があります。置き楽美人は手間をかけずにバランスの取れた栄養素が摂れる置き楽美人は毎日の食事の1食を置き換えをするダイエットドリンクで、作り方は水や牛乳に溶かすだけといった作る手間の少ないダイエットドリンクです。ほのかな甘みのある黒糖味なので、自然な甘みで牛乳や...

トップへ戻る