置き換えダイエットのデメリットとは?

置き換えダイエット,デメリット,理由,種類,栄養

 

ダイエットには大きく二種類の方法があります。
消費カロリーを大きくする方法と、摂取カロリーを少なくする方法です。
前者は運動などでカロリーを多く消費するやり方ですが、運動苦手だったり長続きしなかったりなどの理由で、摂取カロリーを少なくする方法のダイエットを選ぶ人が多いです。

 

理想は運動によって消費カロリーを増やしながら、バランスの取れた栄養が摂れる食生活の中で摂取カロリーを適切に収めることですが、中々難しいですよね。


ダイエットをする時に健康に一番良いのは両方を取り入れ、
消費カロリーを大きくし摂取カロリーを抑える方法ですが、なかなか実践は難しいです。
置き換えダイエットは通常の食事をダイエットサポート食品に置き換えることで摂取カロリーを少なくするダイエットです。

 

ダイエットサポート食品は栄養バランスは取れていながら、低カロリーに作られており、置き換えダイエットにはデメリットがないように思われますが、やはりデメリットはあります。

 

デメリット〜経済的な理由

一つ目は経済的な理由です。
最近はリーズナブルな置き換え食品も出てきましたが、それでも置き換えダイエットを長期間続けようとするとコストはかかっていきます。

 

デメリット〜リバウンド

二つ目はリバウンドのしやすさです。
一度減量に成功しても通常の食生活に戻ると、つい食べ過ぎてしまってしまうことで体重が増えたり、リバウンドしてしまう場合があります。

 

ダイエットのリバウンドを避けるためには、ダイエット期間と通常の食生活とを極端に区切らないで健康的にカロリーバランスを保つこと、そして適度な運動を取り入れることが大切です。

 

 

 

>> 置き換えダイエットランキングTOPページへ

トップへ戻る