置き換えダイエットの注意点

置き換えダイエット,注意点,食事制限,体調,リバウンド

 

女性は多くの人が自分のスタイルを気にしています。
誰もがモデルのようなスタイルに憧れ、日々ダイエットに励んでいる人も少なくありません。
ダイエット方法には様々な方法があり、大切なことは摂取カロリーより消費カロリーが上回ることです。
そのために日頃から運動をし、食事制限をする必要もあります。
しかし忙しい日々を送っている人にとっては、運動をすることや厳しい食事制限をすることは難しい場合があります。
そんな人に注目を浴びているのが置き換えダイエットです。


 

置き換えダイエットはバランスのとれた食事を考えるのではなく、3食のうちの1食だけを必要な栄養分が含まれた食事や飲みもので置き換えるという方法です。
とても簡単な方法なので忙しい人でも簡単に取り入れることができると人気がある方法です。

 

しかし置き換えダイエットでは注意点がいくつかあります。

 

3食の置き換えは失敗しやすい

まず3食全てを置き換えないということです。

 

三食すべてを置き換えダイエット食品に置き換えると、もちろん痩せます。というのも成人の1日の摂取カロリー目安はあまり身体を動かさず家にいるような人でも約2,000kcalほどと言われています。そして置き換えダイエット食品や飲料の場合は1食約300kcalに満たないものが多いです。となると3食でも1,000kcal未満となるので、これを続けると単純に痩せることができます。

 

ですが、このダイエット方法は絶対におすすめしません。というのも人間には基礎代謝(生命活動を維持するためのエネルギー量)という何もしていなくても消費されるカロリーがあります。
例えば、30歳女性で身長157cm、体重45kgの人では基礎代謝量は約1,220kcalとなります。これ以下の摂取カロリーで過ごすことはエネルギー不足になってしまい、身体のどこかに異変も出やすくなります。

 

さらに身体はあまりにエネルギーが不足していると少ないエネルギーを抱え込む本能的な働きをしはじめるため、これによって一時的に痩せてもその後、元に食事を元に戻すとエネルギーを取り込もうとする働きによってリバウンドしてしまうことがあります。

 

これが置き換えダイエットはリバウンドしやすいと言われる原因となっています。

 

ちなみに管理人がプチ断食として2日間酵素ドリンクで置き換えた時には約2.3kg痩せました。その後や食事量も少なかったためトータルで1週間しないうちに3kgの減量に成功したのですが、その後しばらくして食生活が偏ってくるとリバウンドしてしまった経験があります。

 

逆に1食置き換えダイエットをじっくりと1カ月続けた時の方が、体重の減り方は緩やかですが、その後もリバウンドせずに理想の体重をキープすることができているので、体の調子も良くて断然おすすめです。

 

慣れるまでは1食の置き換えまでがおすすめ

そのために置き換えダイエットでは無理のない1食で行うことが大切です。
体が慣れてきたと感じたら2食を置き換えても良いのですが、その際にもしっかりと健康管理をする必要があります。

 

一番大切なことは無理をせずに継続することだといえますね。

 

 

トップへ戻る